インドネシア語学習のすゝめ

(入門者~初・中級者向けのお勧め参考書)

「これからインドネシア語を学び始める!」「インドネシアに旅行する予定がある現地でインドネシア語を使いたい!」という方向けの単語帳・参考書・辞書をご紹介します!

余談ではありますが、筆者は下記テキストは「指さし」以外すべて持っています(「バタオネ」は帰国してから購入したので、インドネシア語検定C級を取得した段階で使用していたのは「指さし」「森山式」「バタオネ」以外のテキストだけです。)

​もし質問等があれば、ホームのコンタクトフォームよりご連絡くださいませ。なるべくお返事いたします。

​目次

 

イラスト豊富、まさに「指さしてコミュニケーションをとる」ための一冊です。

親しみを持てるタッチで描かれたイラストに、日本語・インドネシア語で単語が併記されており、この本を通じてコミュニケーションが取れるように作られています。薄いので持ち歩きにも便利です。

文法書ではないので、深い勉強はできませんが、インドネシア語に触れるきっかけとしてはいいかもしれません。

​単語帳

英単語帳でもおなじみ、アルクのキクタンシリーズのインドネシア語版です。

もちろん音声付というのもポイントですが、他にも、この一冊をやりこめば生活に必要になるものは大体網羅できること、例文が非常によく、そのまま日常で使える表現が多いこと、文法のセクションが巻末についており、ぱっと調べたい時などにはとても便利なことなどからお勧めできます(インドネシア赴任当時、筆者は愛用していました)。

​また、コンパクトなので持ち運びも楽です。

初学者が順に学んでいく上で利用しやすい単語帳です。

頻出順になっているので、特にインドネシアに赴任・滞在する方が学習に使うと、実生活への応用が効きやすく、成長を感じられる1冊だと思います。

逆に言えば、文法的に必須でも頻度が高くなければ後回しになったり、分野でまとまっていないため辞書代りの使用は難しいという点はあります。が、「一冊全てやり切る!」という気持ちをもってすれば、きちんと難度の高い単語もカバーしており、検定対策にも有用だと考えられます。

こちらもコンパクトで持ち運びに便利です。

 

​文法参考書

タイトル通り、非常にやさしい内容から扱ってくれる参考書ですが、基礎的な文法はしっかりと網羅されているため、この一冊を完璧にすれば文法的にはかなり理解ができると思います。インドネシア語学習をこれから始める方がまず手に取るには、ちょうどよいレベルだと思います。

​ただ、この一冊だけで勉強しようとすると、語彙が少し不足するように感じられるかもしれません。

この本の著者であるホラス由美子さんは、日本におけるインドネシア語教育の第一人者だと言えます。他にも数多く本を出されてますが、その中でも初学者向けに書かれている本がこちらです。

レベルとしては、1つ前に紹介した「やさしい初歩のインドネシア語」より内容・語彙レベル共に少し高くなっています(本当に始めて勉強する方だと少し心が折れるかも…)。

インドネシア人と言えば「バタオネ」…というくらい、インドネシア語学習者の中で有名なのがこの方かもしれません。

初級とありますが、ここまでにあげた本の中では一番詳細にインドネシア語について書かれている本です(厚みも1番です)。

​この一冊をこなせば、文法に関してはあまり怖いものはないのではないでしょうか?

 

​辞書

著者プロフィール(HPより)

昭和12年(1937) 東京生まれ.東京外国語大学名誉教授 (2000年).インドネシア語学.1971-1973年 インドネシア大学文学部日本語客員講師.日本大学国際関係学部非常勤講師(1979-1982),大東文化大学国際関係学部非常勤講師(1986-2003年)

      

インドネシア語の辞書を買うならこれ一択です。佐々木重次さんは東京外国語大の名誉教授で、この辞書は同大のインドネシア語学科をはじめとする多くの機関において「推薦辞書」として推奨されています。

筆者は、この辞書を買う前に別の物を使っていたのですが、この辞書にして驚愕しました。情報量がまるで違う。インドネシア語は移り変わりの多い言語ですが、この辞書は言葉の流行り廃りにもよく対応しています。

ただし、こちらの辞書はamazon等での購入はできませんし、書店にも出回っていません。購入の際はHPからメールを送り、コンタクトをとる必要があります。

(※追記 神保町の語学参考書類を専門に扱っている書店にて扱いがあるとの情報がありました。教えてくれた方ありがとうございます。)