• Admin

ジャカルタ研修1日目

インドネシア到着の後、4日間はジャカルタにある国際交流基金ジャカルタセンター(Japan Foundation, Jakarta)にて研修があります。


私たち6期が8-9月に行った、大阪での派遣前研修とはまた経路の異なったもので、


この研修では、滞在費用が支給される現地の銀行口座の開設や、センターにある備品(日本文化紹介用の浴衣や茶道具など)の借り方返し方など、実際に活動をするにあたって必要となる事項について扱われます。


この研修が行われるジャカルタセンターは、ホテルから少し離れているため、朝8:30にホテルのフロント横に集合し、全員でバスで移動します。


返ってくるのは17:30-18:00ごろ。



研修が終わると、ホテルの下のレストランで他のNPとご飯を食べたり、近くにあるBlok M(ブロック・エム)という繁華街(日本食スーパーなどもある)で買い物や両替をしたりします。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

着任式

着任式は、宿泊したホテル内のホールにて。 私たちはインドネシア6期の中では、スケジュール的に最も早い着任式だったので、なかなかえらい方がいらっしゃっていました。間違いでなければ、文科省的な省の副大臣??とか…。 司会は、UNIMA(マナド大学)の日本語学科の先生(日本語がうますぎて日本人みたいなおじさま。日本でPh.Dを取っていて、10年日本にいたらしい。)と、JFの方の二人。 司会のお二人の挨拶

サム・ラトゥランギ国際空港に到着②

空港に着き、荷物が出てくるのを待っていると、なぜか、荷物と一緒に唐辛子が…。 …伝わらないですね。 キャリーケースとかが流れてくる、あのでっかいコンベアーの上に、ちょこちょこと、赤い唐辛子がぽつぽつ落ちていました。真相は謎のまま。 段ボールかなにかで運んでいたものがこぼれたのか?なんなのか? みんなでcabe(唐辛子)の撮影大会でした。 また、空港内でなんか民族楽器?を演奏している人&歌っている人

サム・ラトゥランギ国際空港に到着①

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港から、無事、マナド郊外にあるサム・ラトゥランギ国際空港に到着しました。 1055分発の飛行機で、マナドに1630ごろ着いた(マナドとジャカルタには、1時間の時差があります。マナドのほうが1時間進んでいる)ので、4時間ほどのフライトだったと思います。 ちなみに私の荷物、キャリー2つで55キロほどありましたが、追加料金は8000円ほどでした。 本来20キロをオーバーし