• Admin

ジャカルタ研修2日目

今日は研修終了後、Blok M にある、Blok M Squareへ。


インドネシアの正装であるバティックを買うためです。



結論から言うと、襟だけバティックになっているかわいいワンピースと、正統派のバティックを買えたのですが、なかなか探すのが大変でした。


バティックって、男性物のほうが圧倒的に多いんですね。


お店一杯にバティックがあるのに、”Yang mana batik perempeun(女性用のバティックはどれですか)?"と聞いてみるとほんとに少しだけだったり。


「Tidak ada(ない)」なお店もちょこちょこありました。


明日改めて買いに行こう。



Blok M Squereの中には日用品が買える場所もしっかりあるので、なにか買い足したいものがあったらここでもかえますね。


ちなみに、このブロックは日本人が多いそうですよ。



帰り道で出会った日本人のおじさま(話してみたらJFの人だった…)に、Squereの向かいにあるBlok M Plazaの中の両替所のレートが良いという話を聞いたので、そこにも行ってみようと思います。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

着任式

着任式は、宿泊したホテル内のホールにて。 私たちはインドネシア6期の中では、スケジュール的に最も早い着任式だったので、なかなかえらい方がいらっしゃっていました。間違いでなければ、文科省的な省の副大臣??とか…。 司会は、UNIMA(マナド大学)の日本語学科の先生(日本語がうますぎて日本人みたいなおじさま。日本でPh.Dを取っていて、10年日本にいたらしい。)と、JFの方の二人。 司会のお二人の挨拶

サム・ラトゥランギ国際空港に到着②

空港に着き、荷物が出てくるのを待っていると、なぜか、荷物と一緒に唐辛子が…。 …伝わらないですね。 キャリーケースとかが流れてくる、あのでっかいコンベアーの上に、ちょこちょこと、赤い唐辛子がぽつぽつ落ちていました。真相は謎のまま。 段ボールかなにかで運んでいたものがこぼれたのか?なんなのか? みんなでcabe(唐辛子)の撮影大会でした。 また、空港内でなんか民族楽器?を演奏している人&歌っている人

サム・ラトゥランギ国際空港に到着①

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港から、無事、マナド郊外にあるサム・ラトゥランギ国際空港に到着しました。 1055分発の飛行機で、マナドに1630ごろ着いた(マナドとジャカルタには、1時間の時差があります。マナドのほうが1時間進んでいる)ので、4時間ほどのフライトだったと思います。 ちなみに私の荷物、キャリー2つで55キロほどありましたが、追加料金は8000円ほどでした。 本来20キロをオーバーし